イーハトーブの空と雲と水田と屋敷森

岩手に来て驚いたことは屋敷森が多い事です。
特に花巻の田園地帯には家があれば必ず家を
囲むようにして針葉樹林が植えてありました。
風雪を防ぐ知恵と知って木の高さがその家の歴史
を物語り、すごいなと感じました。
今は家の作りも昔とは違い密閉されて温かくなった
でしょうが昔は、屋敷森の樹木の存在がなくては
ならなかったと感じます。夏も木々の影で涼しかった
ことでしょう。寒い地方には寒い地方の生活の
知恵があると思いました。

クリック応援をお願いします。(^-^)